--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-19

【フィンランド】議会選で反EU右派躍進、社民党は第2党に

北欧フィンランドで17日、議会総選挙(定数200、非拘束名簿式比例代表制)が行われた。即日開票の結果、既成政党のほとんどが議席を減らし、欧州連合(EU)に懐疑的な右派政党「真のフィン人」の独り勝ちの様相となった。
これまで第1党だった農民政党でキビニエミ首相が率いる中道の中央党は第4党に転落。代わって第1党となったのは中道保守の国民連合党だが議席は議会の4分の1にも届かなかった。社会主義インター加盟政党の社会民主党は第2党、続いて「真のフィン人」が議席を約8倍に伸ばし第3党となり、小党乱立の様相となった。
「真のフィン人」は財政破綻したポルトガルに対するEUの救済策は「国民への負担を強いるもの」で「ユーロ圏の浪費国家をフィンランドの税でまかなうべきではない」として真っ向から反対し、議席を大幅に伸ばした。また社会民主党も親EUながら現在検討中のポルトガル救済策には慎重な姿勢を見せて議席減を最小限に抑えた。EUやポルトガル支援への批判はキビニエミ首相を擁する中央党に集まった格好。次期首相は第1党となった国民連合党からの選出が有力視されているが、これまでフィンランド政界の主流だった国民連合党・社会民主党・中央党の3党に対し「真のフィン人」が連立の一角を占めるかどうかが注目されている。
なお投票率は70%強だった。

詳しい選挙結果は次の通り(カッコ内は前回比)。
国民連合党 44(-6)
社会民主党 42(-3)
真のフィン人 39(+34)
中央党 35(-16)
左翼同盟 14(-3)
緑の連盟 10(-5)
スウェーデン人民党 9(±0)
キリスト教民主党 6(-1)
オーランド諸島代表(保守系) 1(±0)

フィンランド社会民主党 公式サイト(フィン語)
http://www.sdp.fi/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。