--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-08

【カザフスタン】大統領選で現職ナザルバエフ氏が圧勝

中央アジアのカザフスタンで3日、大統領選挙が行われ、旧ソ連時代から21年間にわたって長期政権を続けるナザルバエフ大統領の圧勝が確実となった。
今回の大統領選挙はこれまで7年間だった大統領任期を5年に短縮し前倒しで行われたもので、ナザルバエフ氏のほかに3人が立候補したが、全国社会民主党など野党は候補者を擁立できず、また3人の対立候補者はともにナザルバエフ氏を批判せず、ナザルバエフ氏の得票率も95%に及び、選挙の正統性に疑問が投げかけられている。しかし同じイスラム圏でもある中東の長期政権が次々と揺らぐなかで任期の短縮によって民主化をアピールし、また主に地下資源輸出による経済成長路線が支持を集めている面もある。
ナザルバエフ大統領は旧ソ連共産党の出身で、ソ連崩壊時には社会党を組織したが、同党はその後に解消され、現在は与党「ヌル・オタン」(祖国の光)が議会の全議席を占めている。「ヌル・オタン」は社会主義を掲げる政党ではなく、特定の主義主張を掲げずに権威主義的な統治を自己目的とする政党と考えられている。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。