--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-27

【アイルランド】総選挙で労働党が第2党に進出

英国に隣接する島国アイルランドで25日、共和党と緑の党の連立政権が崩壊したことに伴う下院の繰上げ総選挙(定数166、中選挙区移譲式比例代表制)が行われた。死票や取り過ぎた票を「移譲」するため開票に時間がかかる複雑な選挙制度を採用している同国では議席の確定まで時間がかかるのが通例だが、現在までのところ保守中道・対英国穏健派でキリスト教民主主義的な統一アイルランド党(フィナ・ゲール党)が得票を大きく伸ばし、第1党となる勢い。続けて民主社会主義の労働党(社会主義インター加盟政党)も議席を伸ばし、第2党となることが有力視されている。これまで長らくアイルランド政界の第1党に君臨してきた中道右派・共和主義で対英強硬派の共和党(フィアナ・フォイル党)は議席を半減させる失速ぶりで、初めて第3党に転落することとなった。また左翼・対英強硬派のシン・フェイン党が前進し、第4党となるとみられる。緑の党は共和党と並び批判にさらされたこともあり、議席獲得は微妙な情勢。ただ統一アイルランド党は無所属議員を含めても過半数の獲得は微妙で、労働党との連立政権樹立の可能性が高いとみられている。
90年代から低い法人税率やユーロ加入などをてこに企業・産業誘致に成功し「ケルトの虎」と呼ばれる経済成長を謳歌したものの、その後は不動産投機などで経済がバブル化、その結果として各銀行の不良債権処理への歳出が膨らんだことで生じた昨年の財政危機以来、欧州連合(EU)からの支援を受けるアイルランドでは、与党として銀行に近かったとされる共和党のカウエン首相率いる政権の緊縮財政策はじめ経済運営や失業率の急増が有権者の怒りを招き、共和党の地滑り的大敗につながった。これに対し労働党は「公正で、均衡の取れた政府」を主張して支持を伸ばした。次期政権にも引き継がれる悪化した財政に対し、新政権がEUおよび国際通貨基金(IMF)へ金利の引き下げを要求する、財政赤字解消のための増税策、賃金カットなど、ユーロを維持した上で競争力・経済成長を取り戻すためにどのような対策を採るのか、またそうした政策の遂行、特に賃金や雇用の問題において民主社会主義的で福祉を重視する労働党の主張がどういった形で反映されるのかが注目される。

労働党(アイルランド) 公式サイト(英語)
http://www.labour.ie/

=======
経済・財政危機の結果としての政権交代というのが主な報道の論調ですが、このブログではこれまで保守2大政党の色彩が強かったアイルランドで、初めて労働党が第2党となったことにも注目したいですね!
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。