--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-15

【コソボ】議会選で社民派が第1党に

バルカン半島のコソボで12日、連立政権の崩壊に伴う議会の総選挙(定数120、比例代表制が基本)が行われた。開票の結果、元独立派ゲリラ「コソボ解放軍」の指導者・サチ首相が率いる社民派のコソボ民主党(社会主義インターには未加盟)が第1党となった。選挙前にサチ連立内閣から離脱し総選挙の引き金となった中道右派のコソボ民主同盟は第2党にとどまった。
しかしサチ首相の支持者が多い地区で投票率が他地区と比べて非常に高くなるなど、不正選挙の可能性も指摘されており、大半が棄権したセルビア系住民の動向や約47%にとどまった投票率もあわせて、今後の連立形成や政局の見通しには不透明な要素が大きい。

コソボ民主党 公式サイト(アルバニア語)
http://www.pdk49.com/index.php
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。