--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-30

【モルドバ】総選挙で与野党痛み分け、政局混迷さらに長期化へ

28日、東欧の旧ソ連共和国モルドバで議会での与野党対立により1年以上も新大統領の選出ができない政局の混迷打開をめざして、繰り上げ議会総選挙(定数 101、5%阻止条項つき比例代表制)が行われた。その結果、社会主義インター加盟政党の民主党と自由民主党、自由党の欧米寄りの連立与党3党が59議席を獲得したものの大統領の選出に必要な61議席には届かず、42議席を獲得したロシア寄りの最大野党・共産党とのあいだで政治的行き詰まりの打開には至らなかった。
この与野党痛み分けの結果を受け、政局の混迷がさらに長引く見通しとなった。野党ながらも第1党となった共産党には連立与党を切り崩して事態の打開を図ろうとする動きもあり、今後の見通しは不透明なものとなっている。

モルドバ民主党 公式サイト(モルドバ語。ルーマニア語と同系)
http://www.pdm.md/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。