--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-07

【ボスニア・ヘルツェゴヴィナ】総選挙で民主社会主義諸政党が勢力維持

3日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(以下BiH)の総選挙が行われた。同国の政治システムはボスニア内戦後の民族分断を反映して「ボスニア連邦(連合)」と「セルビア人共和国(スルプスカ共和国)」の両共和国に分かれるなど複雑だが、総選挙では「連邦大統領」を輪番で務める3民族の代表「幹部会員」(集団大統領)・「連邦議会下院議員」(上院議員は間接選挙)・「ボスニア連邦(連合)議会下院議員」・「セルビア人共和国大統領」および「セルビア人共和国国民議会議員」・「各県議会」などの選挙がいっせいに行われた。
対外的にBiHを代表する「幹部会員」選挙ではセルビア人からは「独立社会民主同盟」(SNSD、社会主義インター加盟)の現職・ラドマノビッチ候補が、クロアチア人からは民族色の薄い「BiH社会民主党」(SDP-BiH、社会主義インター加盟)の現職・コムシッチ候補がそれぞれ当選。またボスニア人(主にイスラム教徒)からは内戦時に民族主義路線を牽引したイゼトベゴビッチ幹部会議長の息子、バキル・イゼトベゴビッチ候補(民主行動党)が当選した。ただしバキル氏は父親とは異なり、民族融和に肯定的と見られている。しかし一方、ラドマノビッチ氏は現在は「セルビア人共和国」のBiHからの分離に前向きと見られており、民族間の緊張が高まる可能性も否定できない。
なおBiHでは連邦政府よりも「ボスニア連邦(連合)」「セルビア人共和国(スルプスカ共和国)」のほうが権限が大きく、それぞれの国家が大統領を置きつつも首相が権限を持つ議院内閣制を有しているため、国際的には目立たないものの内政を中心に両共和国の首相が大きな権力を有する政治システムとなっている。

独立社会民主同盟 公式サイト(セルビア語)
http://www.snsd.org/
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ社会民主党(ボスニア語・クロアチア語)#おそらくボスニア語です
http://www.sdp.ba/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。