--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-27

【ネパール】国王直轄統治放棄、下院復活へ

 ネパールで独裁傾向を強めたギャネンドラ国王への非難と抗議活動が日増しに広まるなかで24日深夜、ギャネンドラ国王は直轄統治の放棄を声明。政党の求めに応じて4年前に解散したまま選挙を執行できずにいた下院を復活させることを約束した。
 この宣言を受けて抗議活動を展開していた7党連合のうち最大政党で、社会主義インター加盟政党のネパール会議派のコイララ総裁(元首相、写真)が28日に再招集予定の下院の決定を経て、首相に復帰する見通しとなった。
 なお7党連合にはネパール会議派のほか、デウバ元首相が率いるネパール会議派-民主、2大政党のひとつだったネパール共産党(統一マルクス・レーニン主義、統一共産党とも)などが加わっており、中道・左派連合となっている。
 ただコイララ総裁が過去、数々の汚職疑惑で名前があがった他、7党連合の枠の外で武装闘争を繰り広げる極左・ネパール共産党(毛沢東主義派)との停戦および今後の新憲法制定プロセスへの参与が大きな焦点となる。

ネパール会議派(英語)
http://www.nepalicongress.org.np/

…ネットにアクセスできるネパール人は英語も読める、ということなのかなぁ。自分は足掛け2年、ネパールに居住していましたが識字率は低く、さらに男女格差が実に大きいです。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。