--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-09

【オーストラリア】無所属議員の支持を取り付け、ギラード労働党政権続投へ

先月21日の下院総選挙(定数150、小選挙区移譲式)の結果が2大勢力が双方とも過半数を確保できない「ハング・パーラメント」(宙づり議会)となったオーストラリアで、ギラード首相率いる労働党とアボット自由党党首率いる保守連合は残る無所属議員の獲得をかけ、熾烈な多数派工作を展開してきたが、7日ついにカギとなっていた保守系無所属議員のうち2名が、労働党の政策にあった全国ブロードバンド網の整備を支持するなどとして労働党の支持に回った。これでギラード首相与党は過半数の76議席を確保、続投が確実となった。
ギラード政権は今後、新鉱山税の導入などに取り組むとみられるが、下院でわずか与野党2議席差、上院では緑の党の伸長というなかで、与党内左派(緑の党)と右派(保守系無所属議員)のあいだで板挟みになる局面も予想され、難しい政局運営を余儀なくされそうだ。

オーストラリア労働党 公式サイト(英語)
http://www.alp.org.au/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。