--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-12

【オランダ】総選挙で労働党が第2党に

9日、オランダで第二院(下院)の解散にともなう繰上げ総選挙(定数150、比例代表制)が行われた。開票の結果、バルケネンデ首相率いるキリスト教民主アピール(「キリスト教民主勢力」とも訳される)は議席を半減させ第4党に転落、代わって中道右派・自由主義の自由民主人民党が第1党に躍進した。社会主義インター加盟政党の労働党は僅差での第2党を確保した。またイスラム系移民排斥を訴える極右・自由への党(「自由党」とも訳される)が第3党に進出。強硬派の社会主義を訴える社会党は第5党に後退した。加えて中道左派・社会自由主義を掲げる「民主66」、環境保護左派の「グリーンレフト」が前進した。自党が大きく後退した結果を受け、バルケネンデ首相は辞任を表明した。

比例代表制によって中小政党が並び立つオランダでは次期政権も連立となることが確実だが、次期首相には自由民主人民党のルッテ党首が有力視されている。しかし連立の組み合わせ次第では労働党のコーヘン党首が首相となる可能性も残っている。また自由への党を政権に加えるかどうかで各党のあいだの駆け引きが活発化している。

選挙結果は次の通り。(カッコ内は前回選挙比)
自由民主人民党(VVD)31(+9)#中道右派自由主義、市場経済
労働党(PvdA)30(-3)#民主社会主義
自由への党(PvdV)24(+15)#移民排斥
キリスト教民主アピール(CDA)21(-20)#カトリック・プロテスタント連合
社会党(SP)15(-10)#強硬派の社会主義
民主66(D66)10(+7)#社会自由主義
グリーンレフト(GL)10(+3)#環境政党。かつての急進党、共産党などが合同
キリスト教連合(CU)5(-1)#プロテスタント。福祉面で左派、人権道徳面で保守
政治改革党(SGP)2(±0)#聖書主義のプロテスタント右派政党
動物のための党(PvdD)2(±0)#動物愛護政党


労働党 公式サイト(オランダ語)
http://nu.pvda.nl/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。