--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-30

【チェコ】下院選で社民党が第1党復帰も連立樹立は困難に

中欧チェコで28・29の両日、下院(定数200、比例代表制)の総選挙が行われた。開票の結果、チェコ社会民主党(CSSD、社会主義インター加盟政党)が第1党となったものの議席を大きく減らし、保守系の市民民主党(ODS)もさらに議席を減らして第2党に転落した。いっぽうキリスト教民主主義政党から分岐した新党「伝統・責任・繁栄09」(TOP09)が第3党に躍進、別の右派新党「公共事項」(VV)も第5党として議席を確保した。ほかに共産党が第4党として議席を獲得したが、これまで連立与党入りしていたキリスト教民主同盟=人民党、緑の党は5%阻止条項に届かず全議席を失った。またゼマン元首相(社会民主党元党首)が結成した新党「ゼマン派市民権党」(SPOZ)も僅差ながら議席獲得に及ばなかった。全体として中小政党が乱立し、民意の分断が明らかとなる選挙結果となった。
この結果を受けて、社会民主党のパロウベク元首相は第1党となったにもかかわらず同党を軸とする連立は不可能として敗北を認め、党首辞任を表明した。緊縮財政を政策の軸とする市民民主党、TOP09、VVによる中道右派連立の成立が濃厚とみられる。

詳しい選挙結果は次の通り(カッコ内は前回比)
社会民主党 56(-18)
市民民主党 53(-28)
伝統・責任・繁栄09 41(新党)
共産党 26(±0)
公共事項 24(新党)

チェコ社会民主党 公式サイト(チェコ語)
http://www.cssd.cz/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。