--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-12

【ドイツ】最大州議会選で「ハング・パーラメント」の結果に

ドイツで最多の人口を有するノルトライン・ウェストファーレン州(以下NRW州)議会選挙(定数181、5%阻止条項付き比例代表制が基本)で9日、投開票が行われた。その結果、メルケル連邦首相率いる連邦政権の連立与党でNRW州でも州与党を構成してきたキリスト教民主同盟(CDU)と自由民主党(FDP)は、両党合わせても過半数を割り込む大敗を喫した。いっぽう最大野党の社会民主党(SPD)も議席を伸ばせず、緑の党と左翼党が躍進する結果となった。メルケル政権やCDUにとっては「過去最大の敗北」とする論評も出ている。またCDU-FDPブロック、SPD-緑の党ブロックのいずれも過半数に届かず、英国下院総選挙と同じ「ハング・パーラメント」となった。

今回のNRW州議選の結果、州政府の代表によって構成される連邦参議院(上院)ではメルケル連立与党が過半数を割り込むことが確実となり、ギリシャ財政危機の支援などEU統一通貨ユーロを支える重責を担い、また所得税減税や医療制度改革など新自由主義的な政策を進める方向のメルケル政権の基盤に、不安定さが増すことになる。

なお今回のNRW州議選後のNRW州政府の連立の組み合わせについては、CDUとSPDの大連立の可能性が一番高いとみられ、続いて連邦レベルと違って外交・安全保障問題が焦点とならない分、SPD・緑の党・左翼党の3党連立の可能性もある。ほかにSPD・緑の党・FDPの「信号連立」や、 CDU・FDPに緑の党を加えた「黒緑」連立なども模索されるとみられる。また最大州での結果であったゆえ、連邦議会(下院)の連立組み替えや首相交代にまでも波及する可能性を指摘する声もある。

詳しい選挙結果は次の通り(カッコ内は前回比。前回選挙から6議席削減)。
キリスト教民主同盟(CDU) 67(-22)
社会民主党(SPD) 67(-7)
同盟90・緑の党 23(+11)
自由民主党 13(+1)
左翼党 11(+11、NRW州議会初進出)
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。