--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-12

【スリランカ】議会選で大統領与党が勝利

インド洋の島国スリランカで8日、1月の大統領選挙に続き今度は一院制国会の議員選挙(定数225、比例代表制)が行われた。一部の県で開票がまだ終了していないものの、ラジャパクサ大統領の率いる民主社会主義政党・スリランカ自由党(SLFP、社会主義インターには非加盟)を軸とする与党連合「統一人民自由同盟」(UPFA)が過半数を握る情勢とみられる。野党は保守系の統一国民党(UNP)を軸とする「統一国民戦線」、共産主義と国内多数派で仏教徒のシンハリ人民族主義を掲げる人民解放戦線(JVP)が1月の大統領選挙で敗れたのち拘束されたフォンセカ前国軍参謀長を擁立した「民主国民同盟」、北部および東部の国内少数派でヒンドゥー教徒のタミル人による「タミル民族同盟」が議席を獲得する見通し。ただしUPFAは目標としていた単独での改憲を可能とする3分の2(150議席)には届かないとみられる。
UPFAは昨年のタミル・イーラム解放の虎(LTTE)との内戦勝利および1月のラジャパクサ大統領の再選を受け、その勢いを議会選の勝利につなげた。今回、UPFAにはスリランカ自由党のほか、共産党や平等社会党(トロツキスト)、仏教僧による国民遺産党などが加盟しており、仏教色・社会主義色および国内多数派シンハリ人の民族主義色が強い。
なお投票率は61%強と発表された。しかし有権者の一部が投票できなかったとの報道もあり、また暴力沙汰も報じられるなど、やや問題の残る選挙となった。

統一人民自由同盟 公式サイト(英語・シンハリ語・タミル語) 注・音楽が流れます
http://www.sandanaya.lk/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。