--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-28

【スリランカ】大統領選挙で現職ラジャパクサ氏が再選

26日にスリランカで大統領選挙が行われた。今回の選挙は昨年、タミル・イーラム解放の虎(LTTE)との内戦が政府側の軍事的勝利のうちに終結したことを受けて現職・ラジャパクサ大統領が繰り上げ選挙に踏み切って行われたもの。社会主義インターには非加盟ながら民主社会主義を掲げるスリランカ自由党を軸とする中道左派連合「統一人民自由同盟」が推すラジャパクサ大統領に対し、昨年までの対LTTE軍事作戦を軍人として指揮したフォンセカ国軍前参謀長が保守中道・統一国民党や国内多数派シンハリ人の民族主義左翼・人民解放戦線などの左右統一野党候補として挑む図式となった。
開票の結果はラジャパクサ大統領が58%弱の得票で40%強のフォンセカ前参謀長を抑え、選挙管理委員会は同大統領の当選を発表した。フォンセカ前参謀長は自身はシンハリ人ながらタミル人有権者が多い北部や東部、および都市部で得票を伸ばしたものの、陣営が反ラジャパクサ大統領の寄り合い所帯であることや、ラジャパクサ陣営からの「軍人の政権は危険」という批判をかわし切れなかった。しかしフォンセカ前参謀長は「不正選挙」を訴えて結果を認めず異議を申し立てる姿勢を示しており、政権側の軍部隊が前参謀長の滞在先を包囲するなど、混乱が長期化する可能性もある。また今後、内戦終結後も残るタミル人避難民の再定住問題や内戦時の戦争犯罪容疑への対処など、国内の民族間融和が新政権の重要課題となるとみられる。
なお投票率は全国で約75%だったが、タミル人有権者の多い北部で4割以下に留まるなど地域差が大きく、フォンセカ前参謀長の得票が伸び悩む一因となった。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。