--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-28

【セントクリストファー・ネイビス】総選挙で労働党が第1党を維持

25日にカリブ海の小国、セントクリストファー・ネイビスで総選挙(総議席15、小選挙区制が基本)が行われた。その結果、ダグラス首相が率いるセントキッツ・ネイビス労働党(社会主義インター加盟政党)が約47%の得票で6議席を獲得し、前回の7議席からは後退したものの第1党を確保。1995年から任に就いているダグラス首相の続投が濃厚な情勢となった。ほかに中道の人民行動運動が2議席、ネイビス島の市民有志運動が2議席、同じくネイビス島の改革党が1議席となった。残りのうち3名は総督によって指名され(2名は首相の推薦、1名は野党の推薦による)、1名は司法長官が就任する。
セントクリストファー・ネイビスではセントクリストファー島、ネイビス島のそれぞれで2大政党制となっており、国全体では都合4政党が存在する状態となっている。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。