--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-18

【ウクライナ】大統領選は前現首相による決選投票へ

ウクライナで17日、大統領選挙の第1回投票が行われた。出口調査によると親ロシア派で社会主義経済的な主張傾向を持つ「地域党」のヤヌコビッチ元首相が3割以上の票を獲得して首位に立ち、続いて「オレンジ革命」の立役者でもあり親欧米派ながら最近はロシア寄りの言動も目立つティモシェンコ現首相が約25%の票で続いている。「オレンジ革命」の主役で親欧米派の現職、ユーシェンコ大統領は約5%の得票に留まり敗退が確実となった。ユーシェンコ氏は一貫しない政治姿勢や経済面での失政、ロシアとの対立激化などで有権者からの支持を失うこととなった。
ヤヌコビッチ元首相は旧ソ連時代の国営企業長出身で、ソ連時代からの経済テクノクラートと親ロシア意識の強い東部の住民を支持基盤にもつ。いっぽうティモシェンコ元首相はソ連崩壊後の民営化に乗じ、特にガス取引で財を成した新興企業家の出身で、社会民主党からも支援されるなど西欧社民主義的な傾向ももつ。今後は決選投票にむけ「オレンジ革命の政権は終わった」と自信を見せ先行するヤヌコビッチ前首相に対し、親欧米派の支援も受けるティモシェンコ首相がどこまで追いすがれるかが注目される。ただ、どちらが当選するにせよウクライナの外交姿勢はロシア寄りに修正されるとの観測が強い。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。