--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-24

【ルーマニア】大統領選で社会民主党候補が決選投票に進出

22日、ルーマニアで大統領選挙の第1回投票が行われた。12名が立候補したが、結果は社会民主党(PSD、社会主義インター加盟政党)のジョアナ党首(上院議長)が3割弱の得票で2位につけ、3割強の得票で1位となった現職・バセスク大統領(中道右派・民主自由党に近い)とのあいだで12月6日に行われる第2回(決選)投票にのぞむこととなった。
ルーマニアは一昨年のバセスク大統領への議会からの弾劾(その後、国民投票で大統領が勝利)、ことしの民主自由党と社会民主党の大連立崩壊など政情不安が著しく、経済面でも国際通貨基金(IMF)の支援下にありながら予算編成に支障が出るなど先行きが不透明な状況となっている。こうした有権者からの政治不信を受けて、同時に行われた議会に関する国民投票(二院制議会を一院制に改組し定数削減を図る内容)では約7割の賛成で成立する見通しとなった。

社会民主党 公式サイト(ルーマニア語)
http://www.psd.ro/
ジョアナ候補の公式サイト(ルーマニア語)
http://www.mirceageoana.ro/

=========
議会内主要政党間の駆け引きで安定政権の樹立が妨げられているルーマニアですが、有権者のあいだでは現政権・政治への不信と安定した政権への希望がないまぜとなっているようです。上下両院で現在、第2党となっている社会民主党(旧・救国戦線左派)には変革への大きな期待が寄せられると同時に、責任もあるといえるでしょう。
なお社会民主党党首はこれまで「ゲオアナ」と表記していましたが「ジョアナ」に変更します。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。