--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-27

【ウルグアイ】大統領選は左右両派の決選投票へ

南米ウルグアイで25日に中道・左派連合「拡大戦線」(FA)のバスケス大統領の任期満了にともなう大統領選挙が行われ、バスケス大統領の後継者である「拡大戦線」のムヒカ元農水相(現上院議員)が当選に必要な過半数の得票にわずかに及ばず、返り咲きを期す右派・国民党(ブランコ党)のラカジェ元大統領とのあいだで11月29日に行われる決選投票に臨むこととなった。ムヒカ元農水相は 47~49%、ラカジェ元大統領は28~31%を得票したとみられる。決選投票はムヒカ候補が優位の展開とみられるが、ラカジェ候補も2割弱の得票で3位となった中道・コロラド党のボルダベリ元観光相から支持を取りつけ巻き返しをはかっている。
バスケス現大統領は過去5年間の任期中に左派ながらも外国からの投資の拡大を実現し、同時に貧困層の削減に取り組んできた。今回の大統領選でもムヒカ候補は中道支持者や投資筋からも信頼を寄せられているアストリ前経済・財務相を副大統領候補に擁立し、ブラジルのルラ政権をモデルに成長と経済格差縮小の両立に取り組む姿勢を鮮明にするなど「現実的な中道左派」を前面に打ち出している。
「拡大戦線」は新しい空間党(社会主義インター加盟政党)、社会民主主義政党、社会党、共産党、キリスト教左派政党、元ゲリラ組織などからなる中道から左派の幅広い連合体で、ムヒカ候補も元左翼ゲリラとして軍政期を中心に10年以上投獄されていた経験をもつ。
なお国会上下両院の総選挙も同日選で行われ(下院99議席、上院31議席、両院とも比例代表制)、「拡大戦線」が最大勢力となることが確実視されている。

「拡大戦線」公式サイト(スペイン語)
http://www.frenteamplio.org.uy/

========
中南米を席巻する左派政権のなかでは「穏健派」の一員であるウルグアイは、過去5年間の経済成長においても米国をも主要輸出先として位置づけるなど「反米」色を薄めた政治・経済政策をとっています。それが投資筋の安心や外資導入の呼び水となった点もあります。かつては南米一の福祉国家を誇ったウルグアイ。その復活にむけてまい進してほしいと思います。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。