--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-29

【イスラエル】国会選挙、投開票。中道・左派優勢も予想ほど伸びず

中道新党「カディマ」を創設したばかりのシャロン首相が倒れるいっぽう、パレスチナ自治政府が「政治イスラム」のハマスによる単独内閣を構成するなど激震のなか、イスラエル国会(クネセト)総選挙が投票日を迎え、開票された。
結果は開票率99%の段階で、オルメルト首相代行率いるカディマが28、労働党20、中東系ユダヤ人を基盤とするユダヤ教中道政党シャス13、右派リクード11、極右「わが家イスラエル」が12、ユダヤ教右派の国家宗教党・国家統一党連合が9、年金党7、欧米系ユダヤ教政党UTJ(ユダヤ教連合)6、左翼メレツ-ヤハド4、アラブ政党のバラード、ハダサ、統一アラブリストが計10となっている。投票率は63.2%で、前回2003年総選挙の 68.9%を下回った。
社会主義インターに加盟する労働党は票を固めたが、もういっぽうのメレツ-ヤハドは伸ばせなかった。またリクードが大幅に後退し「シャス」にも抜かれる一方で極右勢力が躍進。さらに元情報部(モサド)工作員率いる新勢力「年金党」が予想外の国会進出を果たした。
政界が激動するなか、今後の連立の行方が注目される。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。