--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-06-30

【ブルガリア】社会党が第1党に

ブルガリア総選挙で旧共産党の社会党(インター加盟)が31%を獲得、約20%にとどまった元国王の首相率いる与党「シメオン2世国民運動」を破り第一党に復帰の模様。
ただし連立交渉は難航の模様。大連立もあり得る情勢。

ブルガリアは共産党に対する民主派「民主勢力同盟」が汚職などで失墜し、社民主義を掲げる旧共産党が根強く残りました。その閉塞感のなか、帰国した元国王シメオン2世が率いる新勢力が前回選挙で政権を獲得しましたが、その直後に「9.11」やイラク問題が発生。国際情勢が激変するなか、米国に付いてイラク派兵を決断したシメオン・サクスコブルク首相(元国王シメオン2世)の判断が問われた選挙だったようです。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。