--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-30

【ドイツ】バイエルン州議選で保守与党が過半数割れ

28日に投票されたドイツ・バイエルン州議会議員選挙(定数187、5%阻止条項つき小選挙区併用比例代表制)で保守与党のキリスト教社会同盟(CSU)が46年ぶりに過半数割れしたものの、社民党(SPD)も伸び悩む結果となった。他方、キリスト教社会同盟を離党した女性政治家ガブリエレ・パウリ氏の率いる「自由な有権者」(「無所属有権者」とも訳せる)が初議席を獲得、自由民主党(FDP)も議席を回復した。保守勢力の根強いバイエルンで左翼党は議席獲得に失敗した。
CSUは連邦レベルではメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と統一会派を組む政党だが、バイエルン州の根強い保守感情を基盤に過去、州内で約6割の得票を確保しており、前回連邦総選挙ではCDU=CSUが第一勢力となる下支えの役割を担った。そのCSUが州首相の交代などをめぐる党内対立ほかの要因で得票を大きく減らしたことで、社民党と大連立を組むメルケル政権は不安定さを増すことになるとみられる。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は得票率と前回比)

キリスト教社会同盟 92(43.4%、-32)
ドイツ社会民主党 39(18.6%、-2)
自由な有権者 21(10.2%、+21)
緑の党 19(9.4%、+4)
自由民主党 16(8.0%、+16)
左翼党 0(4.3%、初参加)
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。