--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-27

【パレスチナ】続報…ハマス、開票時に伸ばし第1党に

パレスチナ評議会選挙(定数132)は開票の結果、事前予想や出口調査を覆してイスラエル打倒を公然と掲げる武闘派のイスラム急進主義組織「ハマス」系の「変化と改革」が中選挙区連記制の選挙区の多くを制し過半数の76議席を獲得。社会主義インター加盟の現与党ファタハは比例代表区を中心に43議席に留まった。この結果を受けて自治政府のクレイ首相は辞任を表明、次期政権はハマス系を中心に組閣される情勢となった。
イスラエルや欧米諸国にはハマスに対する拒否感が強く、3月に行われるイスラエル総選挙や、パレスチナ和平プロセスそのものへの影響が懸念される。また、これまで左派社会主義的で世俗的なアラブ民族主義の色彩が強かったパレスチナ解放闘争の主役がイスラム宗教政治勢力に移ることも意味し、域内政策への影響も注目点だ。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。