--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-08

【アンゴラ】議会選でアンゴラ解放人民運動が圧勝

6日に行われた南部アフリカ、アンゴラで内戦終結後初の議会選挙が行われ、ドスサントス大統領が率いる与党、アンゴラ解放人民運動(MPLA)が 8割を越す得票で圧勝した。最大野党で内戦を闘った元右派ゲリラのアンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)は1割強の得票にとどまった。
アンゴラ解放人民運動は冷戦期には親ソ連派のマルクス・レーニン主義を掲げる共産主義政党としてキューバの支援を得ながら内戦を繰り広げたが、冷戦後は共産主義を放棄して中道左派・社会民主主義を掲げ、社会主義インターに加盟した。しかしドスサントス大統領は冷戦期の1979年以来の長期政権を一貫して維持している。なお来年には大統領選挙も予定されている。

アンゴラ解放人民運動 公式サイト(ポルトガル語)
http://www.mpla-angola.org/main.php

=========
巨大与党と小野党という、アフリカ諸国に多い議会制の形態を採るような選挙結果になりました。内戦が長く続いたとはいえ、政権交代の可能性が常に存在する真の複数政党制民主主義が確立するまでは、もう少し時間が必要なのかもしれません。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。