--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-26

【パレスチナ】評議会選でファタハ1位確保もハマス躍進を許す

 25日に行われたパレスチナ自治政府の評議会(国会に相当)選挙で、アッパス議長率いる社会主義インター加盟のファタハが1位を確保したものの、評議会選挙初参加のイスラム急進派でイスラエルとの和平に反対する武闘派のハマスが「変化と改革」の政党名で登録し、自治政府の腐敗批判などを展開して2位に付ける勢いだ。定数132(過半数67、中選挙区比例代表制)のうちファタハは58~63議席、ハマス(系)は53~58議席の見通しで、今後ファタハがハマスとの「大連立」を指向するのか、それとも他の小政党との連立を図るのかが焦点となる。
アッバス議長はハマスを連立に加えて穏健化を図る方針を持っているがイスラエルは勿論、欧米諸国も占領下での武装解除を拒むハマスには警戒的で、ハマスが政権に加わった場合の関係見直しも言われる。3月にはイスラエル総選挙が控えるなか、しばらく主導権争いが続きそうだ。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。