--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-18

【ドミニカ】大統領選で革命党候補及ばず

16日に行われたドミニカの大統領選挙で自由主義政党・ドミニカ解放党の現職、レオネル・フェルナンデス大統領が過半数の得票で第1回投票での当選を決めた。社会主義インター加盟政党である中道左派・ドミニカ革命党のミゲル・ヴァルガス氏は出身母体の建設業界などに推されて政権奪還をめざし猛追したものの及ばず、フェルナンデス大統領に勝利を許す結果となった。なお共産主義政党のドミニカ労働者党は革命党ではなく、解放党と政党連合を組んでいる。

主な候補の得票は次のとおり。

レオネル・フェルナンデス(ドミニカ解放党) 199万票(53.5%)
ミゲル・ヴァルガス(ドミニカ革命党) 151万票(40.7%)
アマベル・カストロ(社会キリスト教改革党) 17万(4.7%)

========
建設業界の大立者が中道左派政党から立候補するとは建設業への歳出削減がいわれる日本では考えにくいのですが、ドミニカではいまだ土建ケインズ的な手法が雇用創出には有効なのかもしれませんね。それでも社会キリスト教改革党のバラゲール長期政権のあと、同国にも政権交代が根付いてきたようです。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。