--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-12

【スペイン】社会労働党が勝利、サパテロ政権継続へ

9日に行われたスペインの下院総選挙(定数350、比例代表制)の結果、サパテロ首相率いる与党で中道左派のスペイン社会労働党(PSOE、社会主義インター加盟政党)は第1党の座を確保し、政権の継続を確実にした。前回総選挙で議席を失った保守系の国民党(PP、民衆党とも)は失速気味の経済などを背景に猛然と反撃したものの、投票日直前に社会労働党地方政治家が極左テロ組織「バスク祖国と自由」(ETA)に殺害されるなどしたため反対票を集めきれず、一歩及ばなかった。
だが社会労働者党は第1党とはいえ過半数には及ばなかったため、後退した左派政党に代わり中道系の地域政党との連立または閣外協力を余儀なくされるとみられる。一部にはこれを2大政党化が進む全国的な民意への逆行として警戒する見方もある。また同時に行われた上院議員選挙では国民党が第1党となったが、社会労働党が議席増を果たした。

下院選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比と得票率)

スペイン社会労働党(PSOE) 169(+5、43.9%)
国民党(PP) 153(+5、40.1%)
結集と連合(CiU) 11(+1、3.1%、カタルーニャ地方中道右派)
バスク民族党(EAJ-PNV) 6(-1、1.2%、バスク地方中道右派)
カタルーニャ共和左翼 3(-5、1.2%、カタルーニャ地方左派)
統一左翼(IU) 2(-3、3.8%、共産党ほか)
ガリシア民族ブロック 2(±0、0.8%、ガリシア地方左派)
カナリア同盟 2(-1、0.7%、カナリア諸島左派)
統一・進歩・民主(UPyD) 1(新党、1.2%、中道)
ナヴァラ・バイ 1(±0、0.3%、ナヴァラ地方バスク民族主義左右連合)

上院選の結果は次のとおり。(直接選挙議席208)

国民党 101(-1)
スペイン社会労働党 89(+8)
カタルーニャ進歩合意 12(±0)
結集と連合 4 (±0)
バスク民族党 2(-4)
ほかに地域議会選出議席56

スペイン社会労働党 公式サイト(スペイン語)
http://www.psoe.es/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。