--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-23

【スイス】環境派と右派が前進

スイスの連邦議会選挙(下院定数200、比例代表制)が21日に行われ、移民制限を掲げる右派の中央民主同盟/国民党(注)が第1党の座を固めるいっぽうで、社会主義インター加盟政党のスイス社会党/社会民主党(注)は後退。他方では環境系の政党の躍進が目立った。
急進民主党/自由民主党やキリスト教民主党は3・4位となり、緑の党も野党に留まる意思を明らかにしているため、4大政党連立の連邦政府の構成には変化がない見通し。
なお上院選(定数46)も同時に行われたが、各州に割り振られる定数が少なくなるため自由民主、キリスト教民主の中道2党がこれまで通り多くの議席を確保する結果となった。

(注)スイスでは2大言語圏のうち、フランス語圏では「社会党」、ドイツ語圏では「社会民主党」と称するが、同一の政党。中央民主同盟(フランス語圏)と国民党(ドイツ語圏)、急進民主党(フランス語圏)と自由民主党(ドイツ語圏)も同じ。ただ国民党はドイツ語圏で支持が厚いため「国民党」の名称を使うケースが多い。

最終結果は次のとおり。
スイス国民党/中央民主同盟 62(+7、28.8%)
スイス社会党/社会民主党 43(-9、19.3%)
自由民主党/急進民主党 31(-5、15.8%)
キリスト教民主党 31(+3、14.7%)
緑の党 20(+7、 9.6%)
福音人民党 2(-1、 2.5%)
自由党 4(±0、 1.8%)
緑の自由党 3(+3、 1.9%)
その他 4
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。