--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-19

【ギリシャ】中道右派政権継続、全ギリシャ社会主義運動及ばず

16日に投票が行われたギリシャ総選挙(定数300、3%阻止条項および第1党優遇プレミアム付き比例代表制)で、コスタス・カラマンリス首相率いる中道右派与党・新民主主義党(ND)が42%弱の得票で第1党となり、プレミアム分を含めて152議席を獲得して過半数を制し政権継続を確実にした。社会主義インター加盟政党でもある中道左派野党・全ギリシャ社会主義運動(PASOK)は前回に引き続きゲオルギオス・パパンドレウ党首(80年代に政権を担った故アンドレアス・パパンドレウ元首相の子息)を立て、頻発する山火事への対応の不手際など防災・安全問題を軸に与党を猛追したものの約38%と一歩及ばず、政権を逃すこととなった(102議席)。
なお今回の選挙では共産・左翼系の2政党が引き続き議席を獲得した他、強硬保守でEU懐疑派の政党が初議席を獲得し注目された。これらの政党の存在のため2大政党とも過半数を獲得できず複雑な連立交渉に陥ることが懸念されていたが(ギリシャは89年から90年に連立交渉の失敗による政治混乱が続き、約1年間に3度の総選挙を繰り返したことがある)、NDがぎりぎり過半数を獲得したことにより、その危機は去ることとなった。

選挙結果は次のとおり(カッコ内は得票率と前回比)。

新民主主義党(ND) 152(41.9%、-13)
全ギリシャ社会主義運動(PASOK) 102(38.1%、-15)
ギリシャ共産党(KKE) 22(8.1%、+10)
急進左翼連合(SYRIZA) 14(5.0%、+8)
民衆正統集会(LAOS) 10(3.8%、+10)

全ギリシャ社会主義運動公式サイト(ギリシャ語)
http://www.pasok.gr/

========
80年代には社会主義インターに左翼的な立場から加盟しないなど故パパンドレウ元首相のカリスマ的な指導の下で独自の左派ナショナリズム路線を採っていたPASOKですが、96年の元首相の死去後はシミティス前首相の下で大きく穏健化しました。しかし、その分だけNDとの差が見えにくくなったことも否めず、それが強硬保守政党の議席獲得につながったとも考えられます。
ところでND政権のカラマンリス首相も50年代から70年代に国王や軍政と対峙しつつ文民政権を担った故コンスタンディノス・カラマンリス元首相(のち大統領…名誉職的元首)の甥。カラマンリス家とパパンドレウ家、政界の名門たる両家に王制廃止や軍事政権が絡んできたギリシャ政治はまさに「現代史」そのもの。「歴史」を感じさせますね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。