--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-17

【グアテマラ】大統領・議会選で穏健左派が躍進

9日に投票が行われたグアテマラの総選挙(大統領と議会選挙が同時に行われる)で、大統領選挙では中道左派・国民希望同盟(UNE)のアルバロ・コロン候補が28%を獲得し1位となった。しかし過半数の獲得はならず、24%弱を獲得したオットー・ぺレス候補(中道系・愛国党候補)とのあいだで決選投票に臨むこととなった。また92年ノーベル平和賞の女性受賞者、リゴベルタ・メンチュ候補は3%ほどの得票にとどまった。
いっぽう議会選(定数158、比例代表制)でも国民希望同盟は躍進して16議席増の48議席を獲得、第1党となる勢いだ。第2党は中道リベラルの大国民同盟(37議席)、第3党は大国民同盟から離れ大統領選にぺレス候補を擁立した愛国党(30議席)、第4党は強硬保守のグアテマラ共和戦線(15議席)となった。共和戦線はもと軍事政権の流れを汲むが、今回は約3分の2にあたる28議席を減らす大敗となり、左右とも穏健派に向いた有権者の投票行動が鮮明となった。
国民希望同盟は社会主義インター加盟政党ではないが「社会民主主義および社会派クリスチャンの政党」と称している。

国民希望同盟公式サイト(スペイン語)
http://www.une.org.gt/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。