--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-20

【カザフスタン】与党が全議席独占、社民政党及ばず

18日に行われたカザフスタン下院(マジュリス)選挙(7%阻止条項つき比例代表制、公選98議席+民族選出9議席)の結果、ナザルバエフ大統領の与党である「ヌル・オタン(祖国)」が88%の得票を獲得。同党のみが7%ラインを突破し、全議席を独占する結果となった。
野党勢力は社会主義インター加盟を目指している全国社会民主党が4.6%、前回は12%を獲得したカザフスタン民主党-輝く道(アク・ジョル)が3.3%にとどまり、比例代表制であるにもかかわらず議席の獲得はならなかった。ほか村落社会民主党が1.6%、人民共産党が1.3%など。
野党は不正選挙を批判しているものの、全欧安保協力機構(OSCE)の選挙監視団は「透明性の点で国際基準に合致していない」としつつ「今後に向け大きな前進」と結果容認の姿勢を示唆した。
「ヌル・オタン」は旧ソ連共産党内のカザフ共産党が組織的な基礎となっているがイデオロギー的な連続性はなく、日本の自民党やシンガポールの人民行動党をモデルにする政党を自称している(一時期、組織されたカザフ社会党は解党し、事実上は「ヌル・オタン」に合流し、社会主義は社民も含めて完全に放棄)。いわば旧共産党が社民政党でなく、権威主義的保守政党に衣替えした政党と考えてよいだろう。
だが原油をはじめ同国の豊富な鉱産資源を活かした生活向上路線は、一定程度以上の支持を得ており、隣国ウズベキスタンやトルクメニスタンほどは野党勢力への苛烈な弾圧が少ないにもかかわらず、野党勢力やナザルバエフ政権への批判は広がりを見せていない。

=======
7%ラインとハードルが高いとはいえ、比例代表制選挙のもとでは信じられないような結果となりました。これで「まったくの不公正」とまではいえない選挙というのですから、ただただ驚くばかりです。これならシンガポールのように、いちばん得票のよかった落選候補(つまり野党)を1名、国会議員に任命し発言権だけは与える制度のほうが、まだマシですねぇ…いやはや世界は広い。信じられないようなことが、どこででも起きますねぇ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。