--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-12-21

【ボリビア】反米・急進左派の大統領誕生へ

18日に実施された南米ボリビアの大統領選挙で、急進左派的な傾向を持つ「社会主義運動(MAS)」のエボ・モラレス党首(46)が第1回投票で過半数の得票により、親米保守派「社会民主勢力(PODEMOS)」が推すキロガ元大統領の返り咲きを阻止し当選を確実にした。ボリビア史上初の先住民系大統領の誕生となる。また名門中道政党「民族革命運動」から出馬した日系新人のナガタニ氏は4位に留まったものの下院議員に当選し、次回大統領選への地歩を築いた。
モラレス氏はコカ栽培農民指導者として著名。下院議員として先住民の抗議行動を指導するなどの強硬路線により下院から除名されたこともあるが、直後の下院選挙で復帰している。主な政策はコカ栽培の合法化と天然ガス産業の再国有化で、ベネズエラのチャベス政権をモデルに天然資源を背景とする反グローバリゼーション路線を歩むとみられている。また過去に「米国は帝国主義」と再三発言してきたほか、選挙中は控えていたが選挙後はさっそくアルジャジーラのインタビューに「ブッシュ政権はテロリスト」と発言したと報道される(本人は「誤訳では」と否定)など反米強硬路線を打ち出しつつある。
またコカの葉はコカインの原料であるためアメリカ主導の麻薬取締作戦の主要目標となっていたが、ペルーやボリビアなど高地アンデス地方では厳しい気候の中で強壮作用のあるハーブティーとして愛飲されてきた伝統があるため、この点でも反米の世論が高まる要因となっている。

MASは社会主義インター加盟政党ではなく、ボリビアからの加盟政党は「革命左翼運動-新多数」だが、同党もモラレス氏に協力するとみられる。なおスペイン語では「社会民主」と日本語に訳される単語は保守主義を意味することが多い(ブラジルの旧軍政系右派政党も「社会民主党(PDS)」である)。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。