--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-22

【デンマーク】総選挙で社民党主導の連立与党敗退

18日、デンマークで議会総選挙(定数179、比例代表制)が行われた。その結果、トーニング=シュミット首相(社会民主党…社会主義インター・進歩同盟加盟政党…党首)率いる連立政権が僅差で敗退、中道保守政権の樹立が確実な情勢となった。19日にはトーニング=シュミット首相が辞任した。

helle-thorning-schmidt.jpg
トーニング=シュミット(前)首相

中道保守勢力のなかでも、特に移民排斥を進め「極右」視されることも多いデンマーク人民党(デンマーク国民党とも)の伸長が注目された。結果としてデンマーク人民党は第2党に進出、これまで中道右派政権では閣外協力にとどまっていたが、新連立入りもささやかれている。同党が伸長した直接的理由としてはこの2月に起きたパレスチナ系移民のイスラム過激派による「言論の自由」集会等への連続銃撃事件が挙げられる。また移民を排除したうえでの福祉施策の拡充を求めていることで一定層の福祉派の票を取り込んだともみられる。

また現連立与党のなかでは社民党がわずかに伸ばしたものの、急進自由党や社会人民党(昨年にエネルギー問題をめぐって政権離脱したが一部閣僚が社民党や急進自由党に移籍、同党も閣外協力となっていた)が大きく減票し、連立与党全体では前回比マイナスにとどまった。
なお後継首相については第3党となったラスムセン前首相(自由党)の返り咲きが有力視されているものの、同党が大きく減票したこともありまだ定まっていない。ラスムセン氏の返り咲きが実現する場合も、財政政策においてデンマーク人民党と自由党の主張が大きく異なるが、自由党が人民党を下回ったことを踏まえ、かなり人民党への譲歩を迫られそうな情勢だ。

各党別の選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

社会民主党 47(+3)
デンマーク人民党 37(+15)
自由党 34(-13)
赤緑連合 14(+2)
自由同盟 13(+4)
オルタナティヴ 9(新党、急進自由党から分岐)
急進自由党 8(-9)
社会人民党 7(-9)
保守人民党 6(-2)
フェロー諸島代表 2(2議席とも中道・左派で与党支持)
グリーンランド代表 2(2議席とも中道・左派で与党支持)

社会民主党 公式サイト(デンマーク語)
http://www.socialdemokraterne.dk/
スポンサーサイト
2015-06-20

【メキシコ】中間選挙で制度的革命党勝利

7日、メキシコで下院の中間選挙(定数500、小選挙区と比例代表の連用制的な組み合わせ)が行われ、ペニャニエト大統領を支える制度的革命党(PRI、社会主義インター加盟政党)と緑の環境党の連合がちょうど半数を得た。

他党では保守・国民行動党(PAN)が追いすがったが及ばず、また民主革命党(PRD、社会主義インター加盟政党)は内紛を起こし、ロペス=オブラドル前大統領候補が新党・国民再世代運動(MORENA)創設したことで分裂、大きな力にはならなかった。

各党の獲得議席は次のとおり(カッコ内は前回比)。

制度的革命党 203(-9)
国民行動党 108(-6)
民主革命党 56(-48)
緑の環境党 47(+18)
国民再世代運動 35(新党)
市民運動 26(+10)
新同盟 10(+1)
社会遭遇党 8(新党)
労働党 6(-9)
無所属 1

制度的革命党 公式サイト(スペイン語)
http://pri.org.mx/
民主革命党 公式サイト(スペイン語)
http://www.prd.org.mx/

#レポートが大幅に遅れたことをお詫びします。
2015-06-16

【トルコ】総選挙でイスラム系保守与党過半数割れ、共和人民党・クルド系前進

7日、トルコ大国民会議(一院制議会、定数550・10%阻止条項つき比例代表制)総選挙が行われた。その結果、エルドアン大統領が実質的に指導するイスラム系保守与党・公正発展党(AKP)が過半数割れ、ケマリズムの共和人民党(CHP、社会主義インター・進歩同盟加盟政党)、極右・汎トルコ主義の民族主義者行動党(MHP)、そしてクルド系および他LGBT等の諸マイノリティを代表する諸人民民主党(HDP、多くの日本語メディアは「国民民主主義党」と訳していますが、当ブログでは「Halk」を「人民」と考え、先の訳語を採用します)3党が躍進した。特に欧州社会党の協力政党であるHDPの10%阻止条項突破が注目を集めた。

altinoluk-0606.jpg
トルコ共和国々旗を掲げる共和人民党の選挙運動

3野党はトルコ系中道世俗主義、トルコ系極右、クルド系左派とそれぞれ立場はまったく異なるが「反エルドアン大統領」では一致、勝利を収めた。AKPは単独で改憲できる3分の2(367議席)か、憲法改正国民投票を発議できる5分の3(330議席)の議席確保を狙っていたが、遠く及ばない結果となった。とはいえAKPが圧倒的な第1党であることには変わりがなく、AKPが他党のいずれかと連立政権を組むか、それとも少数単独政権を樹立するかが注目される。

odemis050620157247.jpg
青年支持者に囲まれたクルチュダロール共和人民党党首

なお投票率は有権者の盛り上がりを反映して86%以上と非常に高かった。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は選挙前比で、前回比ではない)。

公正発展党 258(-53)
共和人民党 132(+7)
民族主義者行動党 80(+28)
諸人民民主党 80(+51)

共和人民党 公式サイト(トルコ語)
http://www.chp.org.tr/

#多忙のためレポートが大きく遅れましたことをお詫びします。
プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。