--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-21

【フィンランド】総選挙で社民党が第4党に後退

19日、北欧フィンランドで議会総選挙(定数200、比例代表制)が行われた。その結果、与党第2党の社会民主党(社会主義インター・進歩同盟加盟政党が第4党に後退し、下野が濃厚になった。社民党は議会でも第2党として前回第1党で保守の国民連合党と連立を組んでいた。

今回、第1党となったのは穏健中道政党ながら前回議会選後に下野していた中央党で、企業減税などによる景気浮揚を訴えた中央党と右派ポピュリストの「真のフィン人」(第2党に躍り出た)を軸とする連立の可能性が高いと報じられている。

今回の選挙では経済低迷のなか与党連合が敗退する形となったが、EU懐疑派とされギリシャ支援などにも消極的な姿勢をみせてきた「真のフィン人」が実際に連立入りするかどうか、もしくは社民党が与党に残るかが注目される。

今回の総選挙の結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

中央党 49(+14)
真のフィン人 38(-1)
国民連合党 37(-7)
社会民主党 34(-8)
緑の連盟 15(+5)
左翼同盟 12(-2)
スウェーデン人民党 9(±0)
キリスト教民主党 5(-1)
オーランド諸島代表 1(±0)

フィンランド社会民主党 公式サイト(フィンランド語ほか)
http://www.sdp.fi/fi/
スポンサーサイト
2015-04-02

【ナイジェリア】大統領選で全進歩会議のブハリ氏が勝利

3月28日から29日にかけて、アフリカの大国であり産油国であるナイジェリアで大統領選挙および上下両院議員選挙が行われた。注目の大統領選挙ではイスラム教徒で野党・全進歩会議(社会主義インター加盟政党)のブハリ元軍事評議会議長が与党・国民民主党を率いるキリスト教徒のジョナサン大統領を破り、勝利を収めた。

GMB.jpg
当選を決めたブハリ元軍事評議会議長(全進歩会議)

今回の選挙の最大の争点はイスラム過激派テロ組織「ボコ・ハラム」の掃討で、ブハリ元議長は軍人としての経験からジョナサン大統領よりも自分が適任だと訴えていた。また国民民主党のオバサンジョ元大統領(軍政を民主化したことで知られる軍人出身の大統領)も自党のジョナサン大統領でなくブハリ元議長支持を打ち出し、選挙戦を有利に運んだ。これに危機を感じたジョナサン陣営はボコ・ハラムの脅威を理由に選挙を6週間延期、この間に巻き返しを図ったが及ばなかった。ジョナサン大統領はブハリ元議長に対し敗北を認めた。首都アブジャや最大都市ラゴスでは支持者が喜びを爆発させていると伝えられている。

ただブハリ元議長は80年代に短期間ナイジェリアの軍政を担ったのちに同じ軍のクーデターに拠って打倒されているが、その後03年、07年、11年、15年と続けて大統領選挙に立候補している。一貫して北部ムスリムの代表ではあるものの思想的に一貫しているわけではなく、過去には保守系の思想を掲げたこともあった。しかし一昨年、野党が大同団結して結成した「全進歩会議」が結成されたのち、同党は社会主義インター入りを認められている。このほか石油収入が行方不明になるなど汚職も多く、ブハリ新政権は汚職と向き合うことも求められる。

なお議会上下両院選の集計はまだだが、全進歩会議がブハリ新大統領誕生の勢いをかって優勢とみられる。

全進歩会議 公式サイト(英語)
http://www.apc.com.ng/
ブハリ新大統領 個人サイト(英語)
http://thisisbuhari.com/
プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。