--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-18

【お知らせ】ソーシャル21企画・7/26(土)「欧州『極右』の躍進と日本のゆくえ」

約1ヶ月と少しのち、7月26日午後に次の企画を立案しました。(政策フォーラム「ソーシャル21」は筆者の西形公一が事務局次長をしています首都圏の社会民主主義・民主社会主義・共同体主義グループです)。
ソーシャル21では、シリーズ「いま」を読み解く 第3回と題しまして、以下の企画を行います。ふるってご参加ください。
===========
欧州「極右」の躍進と日本のゆくえ

2014年5月25日から開票された欧州議会議員選挙は、各国で「極右」勢力、もしくは欧州連合(EU)に懐疑的な勢力が躍進する結果となりました。この結果をいわゆる「右傾化」「内向き化」とみることもできるでしょうが、同時に多くのEU市民がみずからの手から遠く離れたところにあるブリュッセルのEU本部・官僚機構より、身近な主権国家や地域を選んだ結果であると評価することもできます。また、さらにいえば多国籍企業による超国家的なグローバリゼーションに対して伝統的な主権国家のナショナリズムで抗しようとする動きとみることもできるでしょう。

 今回の選挙結果をどうみるか、また同時にヘイトスピーチの蔓延など社会や反体制運動の「右傾化」「内向き化」が進みつつあるとされがちな日本の今後に影響するのか、特に今回、躍進が注目されたフランスの「極右」政党、国民戦線(Front National、FN)の動向に詳しい鈴木邦男さん、またジャーナリストとして滞仏経験の長い及川健二さんをお招きして、多角的に検討する機会にしたいと思います。皆さんのご参加をお待ちしています。

日  時 7月26日(土)14:00~ 16:30  
場  所 渋谷区立千駄ヶ谷区民会館  
(東京都渋谷区神宮前1丁目1-10、
JR原宿駅竹下口下車徒歩10分、
当日問い合わせTel 03-3402-7854。
最寄り駅は「千駄ヶ谷」で無く「原宿」です)

パネラー 
鈴木 邦男 さん(「一水会」顧問)
及川 健二 さん(ジャーナリスト)
五百蔵洋一 さん(弁護士、ソーシャル21代表委員)

http://ameblo.jp/social21japan/entry-11879426187.html

資 料 代 ¥1000(学生・求職者 ¥500)

主催:政策フォーラム「ソーシャル21」
お問合せ先:03-6909-1273 または http://profile.ameba.jp/social21japan/ より

運営協力:AFEE エンターテイメント表現の自由の会
スポンサーサイト
2014-06-17

【コロンビア】現職・サントス大統領が逆転勝利

15日、コロンビア大統領選挙の決選投票が現職ながら2位だったサントス大統領と第1回投票で1位に躍り出たズルアガ元財務相のあいだで行われた。その結果、与党・国民統一社会党(「U党」)を基盤にしつつも社会主義インター加盟政党のコロンビア自由党などの支援も受け中道色を強めてきたサントス大統領が、ウリベ前大統領の新党「民主中央」に支援され右派路線を鮮明にしたズルアガ元財務相を逆転して振り切り、50%をわずかに上回る得票によって再選された。
決選投票では第1回投票で僅差の4位となった左派票や5位となった緑の党は主に「よりましな選択」としてサントス大統領に回ったとみられ、第1回投票で3位となったコロンビア保守党の票の行く末が注目されていたが最終的には両候補に2分され、サントス大統領再選の基盤となった。
なお投票率は48%弱とコロンビアの治安を反映して低かったが、第1回投票の約40%よりは大きく上昇した。

コロンビア自由党 公式サイト(スペイン語)
http://www.partidoliberalcolombiano.info/
2014-06-15

【アンティグア・バーブーダ】労働党が圧勝

12日、カリブ海に浮かぶこ黒人ミニ国家のひとつアンティグア・バーブーダで下院総選挙(定数17、小選挙区制)が行われ、社会主義インター加盟政党の野党・アンティグア労働党が7議席増の14議席を獲得して圧勝した。前与党の中道左派・社会自由主義的な統一進歩党は約42%を得票したが競り負ける選挙区が多く、獲得議席は6議席を減らす3にとどまった。この結果、統一進歩党のスペンサー首相は辞職し、総督は労働党のブラウン党首を翌13日、直ちに後継首相に任命した。

なおアンティグア・バーブーダは人口8万人強のミニ国家だが、議会は直接選挙による下院と、与野党の推薦などにより総督が任命する上院(定数17)が存在する。ミニ国家ながら二院制を採用しているところが議会政治を重視する英連邦加盟国らしく、興味深い。

アンティグア労働党(アンティグア・バーブーダ労働党と自称することも) 公式サイト(英語)
http://ablp.ag/
2014-06-14

【カナダ】オンタリオ州議選で自由党勝利、新民主党も善戦

12日、カナダの中枢にあるオンタリオ州で州議会選挙(定数107、小選挙区制)が行われた。その結果、中道リベラルのオンタリオ自由党が大きく議席を伸ばして単独過半数を確保し、ウィン首相の続投を決めた。保守中道のオンタリオ進歩保守党は議席を減らしたが、社会主義インターに加盟する新民主党のオンタリオ組織は前回選挙後に議席を積み増していたが、現在の保有議席を維持した。
なおオンタリオ自由党は連邦の自由党とは協調関係にあるが別組織。オンタリオ進歩保守党もカナダ保守党と関係があるが別組織。いっぽう新民主党は両党と異なり連邦レベル政党の州組織(同一組織の支部)という位置づけである。

各党の獲得議席は次のとおり(カッコ内は前回比)

自由党 58(+10)
進歩保守党 28(-9)
新民主党 21(+4)

オンタリオ新民主党(英語。フランス語版あり)
http://www.ontariondp.ca/
プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。