--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-25

【フィンランド】大統領選で社民党候補が敗退

22日、北欧フィンランドでハロネン大統領(社会民主党、社会主義インター加盟政党)の任期満了にともなう大統領選挙が行われた。その結果、保守・国民連合党のニーニスト元副首相が1位、環境派「緑の連盟」のハーヴィスト国会議員が2位となり、両者が来月5日に行われる決選投票にコマを進めることとなった。
3位は農民政党・中央党のヴァイリネン元副首相、4位はEU懐疑派で右派の「真のフィン人」のソイニ党首となった。ハロネン大統領の後継をめざした社民党のリッポネン元首相は5位と振るわなかった。ニーニスト元副首相は前回大統領選挙でもハロネン大統領に対して善戦している。
フィンランドでは近年、大統領の権限が縮小されて半大統領制から議院内閣制への移行が図られており、大統領は国家元首ながらも名誉職的なポストになりつつあるが、それでも環境派の候補が躍進したことは驚きをもって受け止められている。またEUを覆うユーロ危機のなかにもかかわらずEU懐疑派の「真のフィン人」の勢いがそがれたことも注目されている。

フィンランド社会民主党 公式サイト(フィン語)
http://www.sdp.fi
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2012-01-22

【エジプト】人民議会選でイスラム主義派の勝利確定、民主社会主義派及ばず

11月から1月にかけて行われたエジプト人民議会(下院、公選定数498、事実上は小選挙区比例代表並立制)の結果が21日、選挙管理委員会から公表された。それによるとムスリム同胞団が創設したイスラム主義右派(原理主義)穏健派の自由公正党を軸とする政党連合「国民民主同盟」が半数に迫る235議席を獲得して第1勢力となり、これに123議席を獲得し予想外の好成績となったイスラム主義右派厳格派・サラフィ派のヌール党(光の党)が続いた。両イスラム主義政党は比例区で躍進するだけでなく、選挙区の議席も多くを獲得した。旧ムバラク政権与党・国民民主党(社会主義インター加盟政党だった)が解党され組織力を有する政党がほぼ不在となるなか、唯一組織力を残したムスリム同胞団を基盤とする自由公正党および「国民民主同盟」の躍進は予想されていたが、ヌール党の善戦は意外感をもって受け止められている。
これに次いで第3勢力は保守リベラルの「新ワフド党」(42議席)となり、第1回投票の時点では第3勢力だった世俗リベラル派・民主社会主義派などによる「エジプト連合」は第4勢力(33議席)に転落した。「エジプト連合」は選挙の途上で有力グループの自由エジプト人党が選挙ボイコットを主張、エジプト社会民主党、国民進歩統一党(タガンマア党、元体制内左派)と対立するなど混乱が表面化し、伸び悩みとなった。自由エジプト人党は人民議会選に続いて1月、2月に行われる諮問評議会(上院)選挙のボイコットをすでに表明している。
選挙後の議会多数派形成および新憲法の制定については自由公正党・「国民民主同盟」、ヌール党、新ワフド党の上位3党・会派が連携で合意しており(一時は自由公正党はヌール党との連携を否定していたが、姿勢を変えた)、首相ポストは大統領権限を代行する国軍最高評議会(タンタウィ議長)が指名するが、イスラム主義色、保守色の強い政権になるものとみられる。今後は社会主義インターが動向を注目しているムーサ・アラブ連盟事務局長が出馬を表明している大統領選挙に焦点が移る。

エジプト社会民主党 公式サイト(アラビア語)
http://www.egysdp.com/
国民進歩統一党 公式サイト(アラビア語)
http://www.al-ahaly.com/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2012-01-18

【カザフスタン】ナザルバエフ与党圧勝、社民派及ばず

15日、ナザルバエフ大統領による権威主義統治がソ連崩壊前から20年以上続いている中央アジアのカザフスタンで、下院の前倒し解散選挙(定数107、7%阻止条項付き比例代表制)が行われた。前回はナザルバエフ大統領を支える与党・国民民主党「ヌル・オタン」(祖国の光)のみが7%を突破したことにより全議席を独占、内外からの批判を呼んだが、今回は2位の政党には7%を突破しなくても議席が配分されるように制度が改められた。しかし結果は「ヌル・オタン」が約8割を得票したものの、実業界寄りの民主党「アク・ジョル」と共産人民党も7%を突破し、新議会は「ヌル・オタン」圧倒多数ながらも野党2党を含め3党で構成されることになった。だが「アク・ジョル」と共産人民党はともにナザルバエフ政権とつながりがある「御用官製野党」視する見方も強い。
選挙に参加したなかで「唯一の真の野党」とされていたのが全国社会民主党(社会主義インター加盟政党)だったが、7%阻止条項に阻まれ、議席の獲得はならなかった。また今回選挙では直前に同国西部ジャナオゼン市で労働者と治安部隊が衝突して多数の死傷者が出たため、厳戒態勢下での選挙となった。

詳しい結果は次のとおり。
ヌル・オタン 83
アク・ジョル 8
共産人民党 7
少数民族任命議席 9

全国社会民主党 公式英語サイト
http://eng.osdp-azat.info/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。