--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-28

【ニュージーランド】総選挙で労働党及ばず

26日、南太平洋のニュージーランドで一院制議会の総選挙(基本定数120、小選挙区併用式比例代表制)が行われた。その結果、キー首相率いる保守系の国民党が議席を伸ばし半数近い議席を獲得、閣外協力など提携が見込める政党を含めて過半数を確保した。いっぽうゴフ元外相率いる労働党(社会主義インター加盟政党)は議席を伸ばせず、同氏は敗北宣言を出した。
ニュージーランドでは前回、クラーク首相率いる労働党が敗北し下野したが今回さらに議席を減らし、政権復帰を果たすことができなかった。選挙戦ではクライストチャーチ地震への復興の取り組みなどが焦点となったが、有権者はキー政権の取り組みに及第点を出した形。また労働党の伸び悩みの一方で、緑の党が議席を伸ばし、右派ポピュリストのニュージーランド・ファースト党が前回失った議席を回復させた。ほかにマオリ党、新自由主義の消費者納税者協会(ACT)、マオリ左派を軸とする新党のマナ党、中道だが反労働党の統一未来党が議席を獲得。ACTと統一未来党がキー国民党政権への支持を表明した。

各党の獲得議席は次のとおり(カッコ内は前回比)。

国民党 60(+2)
労働党 34(-9)
緑の党 13(+4)
ニュージーランド・ファースト党 8(+8)
マオリ党 3(-2)
消費者納税者協会 1(-4)
マナ党 1(新党)
統一未来党 1(±0)

#超過議席1、今回の総議席は121となる

なお同時に小選挙区併用式比例代表制を維持するかの国民投票も行われ、小差で維持される方向。維持しない場合は単純小選挙区制度への復帰が有力視されていた。

ニュージーランド労働党 公式サイト(英語)
http://www.labour.org.nz
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-28

【モロッコ】新憲法下の初選挙でイスラム主義派が伸ばし、民主社会主義派と連立か

25日、北アフリカのモロッコで、国王の権限を制約し議会の権限を拡大した憲法改正がなされてから初の下院選挙(今回から定数は395に拡大、比例代表制)が行われた。その結果、トルコの同名の党を模したイスラム穏健右派・公正発展党が第1党となることが確実となった。改正憲法では国王は首相を下院の第 1党から指名しなければならないとされており、イスラム主義派である公正発展党のベンキラネ党首の首相就任が確実となった。ただし公正発展党は過半数の獲得はできなかったため、同党は人民勢力社会主義同盟(社会主義インター加盟政党)など民主社会主義政党との連立を狙っているとの観測もある。国王ムハンマド6世は議会での影響力を選挙を通じて強めることを狙い、王党派新党「確実性と現代性党」(正統現代党、権威近代党とも)を結成させ初登場で議席を急伸させたが、他の王党派や中道保守政党と競合し第1党は獲得できなかった。
モロッコ議会は小党分立の傾向が強いうえ、これまで国王の権限が強かったため、相対的に政党の力は弱く、政治エリートの離合集散と政争の具となる傾向が強かった。しかしこれまでの政治エリートと距離がある貧困層を基盤とする公正発展党および民主社会主義ほか社会主義政党が連立を組むこととなると、モロッコ政治において大きな転換点となり「モロッコにも『アラブの春』が及んだ」とする報道もある。

各党の獲得議席は次のとおり(カッコ内は前回比。前回の総議席は325であるため、見かけ上は多くの政党が議席を伸ばす結果となっている)。

公正発展党 107(+61)#穏健イスラム主義右派
イスティクラル党 52(+8)#独立党とも。穏健保守。
独立国民集会 52(+13)#自由主義
確実性と現代性党 47(新党)#王党派保守主義新党
人民勢力社会主義同盟 39(+1)#社会主義インター加盟政党
人民運動 32(-9)#中道右派自由主義
立憲同盟 23(-4)#中道右派自由主義
進歩社会主義党 18(+1)#アラブ社会主義
労働党 4(-1)#社会民主主義
その他 13

人民勢力社会主義同盟 公式サイト(フランス語・アラビア語)
http://www.usfp.ma

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-21

【スペイン】総選挙で社会労働者党政権が大敗

20日、スペインで上下両院の総選挙が行われた。そのうち政権の帰趨を決する下院(定数350、比例代表制)では右派野党・民衆党(PP、国民党とも)が大きく伸ばして過半数の議席を獲得、ルバルカバ前第一副首相兼内相を首相候補に立てた与党・社会労働者党(PSOE、社会労働党とも。社会主義インター加盟政党)は過去30年で最悪の結果となる大敗を喫し政権を失うこととなった。この結果、PPのラホイ党首が国王の指名・下院の承認を経て新首相に就任する。
スペインではPSOEのサパテロ現政権が公共事業凍結や公務員給与の引き下げなどの緊縮政策、さらには付加価値税の引き上げなども通じて財政再建を急いだが、特に若年層の失業率が5割近くに達するなどの経済失政の責任を問われ、今回実施された繰り上げ総選挙ではサパテロ首相が引退不出馬に追い込まれていた。だが野党PPもサパテロ政権と同様の歳出削減・緊縮政策や労働市場改革などを通じた経済構造改革をPSOE政権にもまして加速させ、マーケットの支持を得て欧州を覆う債務危機からスペインを脱却させる方針。しかし若者グループは継続が確実な緊縮財政策に「痛みを強いるもの」として反対するデモを行っており、今後の政治経済情勢には不透明感も残る。
今回の選挙でPPが過半数の議席を得たことにより、ラホイ新政権はカタルーニャやバスクの地域政党の支持を取り付ける必要がなく、強力な政策を推進できるとみられている。逆にPSOEの支持者は多くが棄権に回るか、共産党系の統一左翼(IU)や社会自由主義の「統一・進歩・民主」(UPyD)の支持に回り、両党が議席を伸ばした。
なお上院はもともとPPが多数を占めており、今回もそれが継続する見通しで、上下両院の「ねじれ」も解消される。

開票途中の下院選の暫定的な結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

民衆党 186(+32)
社会労働者党 110(-59)
結集と統一 16(+6)#カタルーニャの中道右派地域政党
統一左翼 11(+9)#スペイン共産党など
アマイウル 7(新党)#バスクの左派連合
統一・進歩・民主 5(+4)
バスク民族党 5(-1)#バスクの中道右派政党
カタルーニャ共和左翼 3(±0)
その他 7(+2)#左派のガリシア民族ブロック、中道右派のカナリア諸島連合など

上院のうち公選議席(208議席、中選挙区制限連記式)は以下のようになる模様。

民衆党 136
社会労働者党 48
結集と統一 9
カタルーニャの左翼政党連合 7
バスク民族党 4
アマイウル 3
カナリア諸島連合 1 

#上院へは他に各自治州議会が56議席を選出するが、民衆党が多数を占める見通し。

スペイン社会労働者党 公式サイト(スペイン語)
http://www.psoe.es/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-19

【イタリア】モンティ新首相が誕生

経済財政危機のためベルルスコーニ首相が辞任したイタリアで、ナポリターノ大統領は後任の首相に元欧州委員のモンティ・ボッコーニ大学総長を指名した。当初、前ベルルスコーニ与党の「自由国民」、野党第1党の民主党からも入閣を要請していたが実現せず、実務家・専門家のみによる布陣のテクノクラート内閣となった。そのうえで新内閣は17日に下院、18日に上院で、それぞれ北部同盟を除く主要政党の支持を集めて圧倒的多数で信任され、モンティ首相はイタリアの債務問題や経済財政危機に立ち向かうこととなった。
だが学者肌でスキャンダルや放言に無縁のモンティ氏はベルルスコーニ氏と政治スタイルが大きく違う上、福祉制度や年金改革など予想される新自由主義的な経済構造改革においては民主党を支える労働組合からの抵抗も予想されるなど、その行く先は平坦とはいえない。街頭でもモンティ新首相の誕生を受け「銀行家内閣」と非難するデモ隊が機動隊と衝突する騒ぎが発生した。

=========
「イタリア経済の救世主」となるかというモンティ氏ですが、改革には痛みを伴うことも熟知しているはずです。どこまで労働・福祉分野に配慮した上での「改革」を成し遂げられるか、政治家ではなく既成政党との関係も薄いだけに、その手腕はまだ未知数といえるでしょう。
2011-11-13

【イタリア】ベルルスコーニ首相が辞任、後継は挙国一致内閣か

欧州連合(EU)においてギリシャに続く経済財政危機にあるイタリアで12日、年金支給開始年齢の引き上げなどを内容とする財政安定化法案の成立と引き換えに、中道右派政権を率いてきたベルルスコーニ首相が辞任に追い込まれた。これを受けて旧共産党出身で中道左派の野党第1党・民主党(PD)に近いナポリターノ大統領は、モンティ元欧州委員(9日に終身上院議員に任命)を首相に指名する。イタリアの大統領は普段は儀礼的・名誉職的な存在だが、首班指名をする権利を持ち、議会が不安定化し政局が生じた際には国家元首として大きな権限を行使する。
モンティ氏は新首相として与野党議員のほか経済専門家などテクノクラート中心に組閣する見通し。ベルルスコーニ前首相は早期の解散総選挙を求めていたが、ナポリターノ大統領はこれを退け、超党派の支持によって非政治家中軸で経済再建のための暫定挙国一致政権を樹立する道を選ぶ。だがベルルスコーニ政権に連立与党として加わっていた北部同盟などは下野を示唆しており、モンティ氏が組閣に頓挫するか議会上下両院の信任を得られなければ政局混乱が生じる可能性も残る。
贈収賄疑惑や艶聞など多くのスキャンダルを抱えつつ、強引とも言える政治手法で世論を二分させながら支持を得てきたベルルスコーニ首相には反対者も多く、首相辞任が報じられるとローマ市民には街頭で歓迎の声をあげる光景もみられた。
なおイタリアの民主党は前身となる政党の左翼民主主義者(DS、旧共産党)としては社会主義インターに加盟していたが、キリスト教民主主義系の「マルガリータ」などと合同して現在の民主党になってからはインター加盟を明確にしていない。他にイタリアからは社会党(PSI)が加盟しているが、前回総選挙で阻止条項に達せずイタリア議会に議席を有していない。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-13

【ニカラグア】続報・国民議会選挙結果

6日に大統領選挙と同時に行われたニカラグアの国民議会選挙(定数92うち公選議席90、比例代表制)の結果は次のとおり。

サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)60
独立自由党(PLI)24
立憲自由党(PLC)6
ほかに憲法の定める非公選議席2

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-12

【ギリシャ】首相交代、大連立内閣が発足

経済危機に揺れる南欧ギリシャで9日、全ギリシャ社会主義運動(PASOK、社会主義インター加盟政党)を率いるパパンドレウ首相(社会主義インター議長)が正式に辞任を発表した。これを受け、欧州中央銀行(ECB)のパパデモス前副総裁がパプリアス大統領(PASOK出身)によって新首相に指名され、中道右派の野党第1党・新民主主義党(ND)なども加わった大連立内閣が誕生した。ただ、パパンドレウ前首相は閣外に去ったものの、ベニゼロス財務相はじめPASOK閣僚は13名となり、NDは外相ポストを得たものの2閣僚にとどまった。ほかに強硬右派の民衆正教集会(LAOS)が1閣僚を得たため、共産系左翼を除く各政党がパパデモス政権に参加することで、与党は300議席中254議席の超安定多数を確保することとなった。
パパンドレウ首相は5日に行われた国会での内閣信任投票を僅差で制したことで、自らの退陣に花道を添え、ギリシャ政界を大混乱に陥らせずに影響力を残すことに成功した。今回のパパデモス新首相の政権は暫定大連立政権となり、2大政党は来年2月の総選挙実施で合意しているが、パパデモス新首相は経済危機は収束していないとして、選挙の延期を主張している。今後は新首相の手腕が問われる局面も出てきそうだ。

全ギリシャ社会主義運動 公式サイト(ギリシャ語)
http://www.pasok.gr/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-08

【ニカラグア】反米左派オルテガ大統領が再選

6日、中米ニカラグアで大統領選挙が行われ、80年代から反米左派として知られるオルテガ大統領が再選を決めた。オルテガ大統領はサンディニスタ民族解放戦線(FSLN、社会主義インター加盟政党)に所属している。
ニカラグアでは大統領は再選を禁じられてきたが、今回の選挙を前にオルテガ大統領はこの規定を違憲として提訴。最高裁判所はこれを認め、再選をめざして出馬していた。ただ、最高裁判所の判事はFSLNの影響下にある人物が多いとの指摘もある。だがオルテガ大統領は「バラマキ」視もされる貧困層への厚い福祉と若年層からの支持を背景に選挙を優勢に進めて60%強の得票により、2位となった独立自由党(PLI。FSLNの非主流派による「サンディニスタ刷新運動」を含む)の元ラジオ局オーナー、ガデア中央アメリカ議会議員に2倍近い差をつけて圧勝した。3位となった立憲自由党(PLC)のアレマン元大統領は10%にも及ばなかった。
一部からは選挙の立会人などにおいて選挙の公正さに疑問の声も上がっているが、ベネズエラ・チャベス政権からの支援を軸に福祉路線を歩みつつも投資を呼び込む経済政策など中道化を進め、またコーヒーなど主要輸出品目の国際価格が上昇したことで経済の活性化をもたらしたオルテガ大統領の政権基盤を揺るがすには至らなかった。
なお同時に国民議会の選挙(定数92、比例代表制)も行われ、大統領選と同様にFSLNが伸ばす結果となる見通し。

サンディニスタ民族解放戦線 公式サイト(スペイン語)
http://www.elpueblopresidente.com/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-08

【グアテマラ】新大統領に右派の元軍人、中道派敗れる

6日、中米グアテマラで大統領選挙の決選投票が行われた。その結果、第1回投票で1位だった右派・愛国党(PP)のペレス=モリナ元将軍が、2位となった中道右派・刷新民主自由(LIDER、「自由民主刷新党」とも訳される)の実業家・バルディゾン候補をそのまま破り、当選を決めた。
現職のコロン大統領は社会主義インター加盟政党・国民希望同盟(UNE)の所属だが、憲法の規定に基づきサンドラ夫人の立候補を裁判所に拒まれていた。その結果、議会選では2位となったUNEの支持票はUNEに所属していた経歴のあるバルディゾン候補に流れたとの観測もあったが、及ばなかった。グアテマラでは左派の政治勢力は弱く、右派から中道の政治勢力も有力な政治家・候補者の動向で離合集散が激しいため、思想・社会運動を基礎とする政治は安定しない。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-01

【キルギス】新大統領に社会民主党のアタンバエフ前首相

30日、中央アジアのキルギスでオトゥンバエワ暫定大統領の退任に伴う大統領選挙が行われ、連立与党を率いるアタンバエフ前首相(55)が当選を決めた。任期は6年。
アタンバエフ氏は社会民主党(社会主義インターには非加盟)の所属。この9月に大統領選への立候補に伴い退任するまで首相を務めていた。首相としては昨年のキルギス騒乱・政変でバキエフ大統領の政権が崩壊したのちに行われた議会選挙で成立した暫定政権において、アタメケン社会党(祖国社会党とも。社会主義インター加盟政党)などとの連立政権を組閣していた。今後は権威主義的政権が多い中央アジアのさなかにおいて、民主社会主義的で開かれた政権運営ができるかどうかが焦点となる。

キルギス社会民主党 公式サイト(キルギス語)
http://www.sdpk.kg/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2011-11-01

【ブルガリア】大統領選決選で社会党候補及ばず

30日、東欧ブルガリアで大統領候補の決選投票が行われた。これは23日の第1回投票でどの候補も過半数の得票をしなかったことにより実施されたもので、 1位となった与党で中道右派「ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民」(GERB)のプレベネリーエフ元地域開発・公共事業相と2位となった野党・社会党(旧共産党。社会主義インター加盟政党)のカルフィン元外相のあいだで行われた。
第1回投票で票差があったためプレベネリーエフ候補の優位は動かないとみられていたが、カルフィン元外相も予想に反して猛追、接戦となった。しかし最終的にはプレベネリーエフ候補が約53%の得票で逃げ切った。この結果、パルヴァノフ大統領を擁していた社会党は大統領ポストを失うこととなった。
ブルガリアは議院内閣制を採用しているため国民議会(一院制議会)が選出する首相に実権があり、大統領は儀礼的・名誉職的なポスト。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。