--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-31

【モルドバ】民主党が躍進

ヴォロニン大統領の後継者選出失敗に伴い29日に行われた旧ソ連・東欧のモルドバのやり直し議会選挙(定数101、5%阻止条項つき比例代表制)で、これまで議席の過半数を有していた親ロシア派の共産党が半数を割り込む結果となった。いっぽう親欧米派の野党、モルドバ自由民主党・自由党・モルドバ民主党・我らモルドバ同盟党は4党で過半数の議席を確保することとなった。なかでも前回選挙でゼロ議席だったルプ党首率いるモルドバ民主党(社会主義インター加盟政党)は一挙に13議席を獲得するなど躍進し、野党全体の議席増の原動力となった。
ただし共産党も野党4党も大統領の選出に必要な61議席の獲得はできておらず、今後の政局には再び紆余曲折が予想される。

詳しい選挙結果は次の通り(カッコ内は前回比と思想傾向)
共産党 48(-12、共産主義)
モルドバ自由民主党 17(+2、中道右派自由主義)
自由党 15(±0、右派自由主義)
モルドバ民主党 13(+13、社会民主主義)
我らモルドバ同盟党 8(-3、社会自由主義)

モルドバ民主党 公式サイト(モルドバ語)
http://www.pdm.md/
スポンサーサイト
2009-07-09

【メキシコ】中間選挙で制度的革命党が躍進

5日に行われたメキシコの下院選挙(定数500、小選挙区比例代表連用制)の結果、野党で中道の制度的革命党(PRI、社会主義インター加盟政党)が躍進し、議会の半数に迫る議席を獲得した。カルデロン大統領の中道右派与党・国民行動党(PAN)は大きく後退した。またもうひとつの社会主義インター加盟政党である中道左派・民主革命党(PRD)も後退する結果となった。
投票率は大統領任期6年の折り返し点となる中間選挙だったこともあり約45%と低調で、これが2000年まで71年間の長期政権を誇り組織力に勝るPRIに有利に働いたとみられる。

詳細な選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比と思想傾向)。
制度的革命党 241(+135、中道)
国民行動党 147(-59、中道保守)
民主革命党 72(-54、中道・左派)
メキシコ環境緑の党 17(±0、エコロジー資本主義)
労働党 9(-2、左派)
新同盟党 8(-1、自由主義)
結集 6(-12、左派)

制度的革命党 公式サイト(スペイン語)
http://www.pri.org.mx/

============
メキシコの制度的革命党のことを調べていて、党首が女性であることに気づきました。
ベアトリス・パレデス党首で、党内選挙二回目の挑戦で党首ポストに就任しました。
3年後の次期大統領選挙において制度的革命党の有力候補になりそうです。
http://www.beatriz-paredes.org/sitio/

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2009-07-06

【ブルガリア】総選挙で与党・社会党が敗退


5日に行われたブルガリアの総選挙(定数240、小選挙区比例代表並立制)でスタニシェフ首相を支える与党・社会党(社会主義インター加盟政党)が敗北した。勝利したのは首都ソフィアのボリソフ市長が率いる総選挙初参加の新興中道右派「欧州発展のためのブルガリア市民」(GERB)だが、単独過半数には達しない見通しで、他の中道右派勢力との連携を模索するとみられる。
社会党政権は政府がらみの汚職や組織犯罪が発覚し、EUからの援助を凍結されるなど逆風下での選挙となった。GERBはEUとの関係強化などを訴え、勝利に結びつけた。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2009-07-02

【アルゼンチン】中間選で大統領与党が後退

28日に行われたアルゼンチンの議会選と地方選を兼ねた中間選挙(議会選は下院の半数、上院の3分の1を改選。比例代表制)の結果、フェルナンデス大統領与党連合の中道左派「勝利のための戦線」が第1勢力を確保したものの大きく後退。過半数を割り込むこととなった。
「勝利のための戦線」はフェルナンデス大統領の夫、キルチネル前大統領が指導してきたが、夫婦で進めてきた政治にあった強権的手法に対して批判が集まった結果となり、キルチネル氏は与党・正義党の党首辞任に追い込まれた。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2009-07-01

【アルバニア】社会党の政権奪還ならず

28日にアルバニアの議会選挙(定数140、地域別比例代表制)が行われた。その結果、首都チラナのエディ・ラマ市長率いる野党・社会党(社会主義インター加盟政党)系の政党連合「変革のための統一」とサリ・ベリシャ現職首相(元大統領)の率いる中道保守与党・民主党系の政党連合「変革のための同盟」のあいだで接戦となったが、最終的には与党・民主党(同盟)が野党・社会党(統一)を押さえ、ギリギリ過半数の議席を確保する結果となった。

詳しい選挙結果は次の通り(カッコ内は得票率と前回比。前回は小選挙区比例代表連用制)
「変革のための同盟」(民主党系)71(46.45%、+15)
「変革のための統一」(社会党系)65(45.74%、+23)
「統合のための社会主義運動」4(5.5%、-1)

アルバニア社会党 公式サイト(アルバニア語)
http://www.ps.al/

==========
20年前の共産主義鎖国体制からの民主化(このとき労働党…共産党が党名を変更したのが社会党です)、そして10年前のねずみ講騒動と世相が安定しないアルバニアですが、一時期のベリシャ独裁体制はねずみ講騒動とともに消え、社会党とのあいだでの秩序ある政権交代が常態化してきたようです。今回は僅差で敗れた社会党ですが、首都チラナを押さえているということで、次回に大いに期待したいところです。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。