--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-03

【ニュース/社会主義インターナショナル】アテネで世界大会が開催

社会主義インターナショナル(議長-ゲオルギオス・パパンドレウ…全ギリシャ社会主義運動)の第23回世界大会が去る6月30日から7月2日、ギリシャのアテネで開催された。大会は「グローバルな連帯…違いをつくる勇気」をテーマに、120ヶ国から150の政党・組織が参加して行われた。前回、03年のサンパウロ大会以来、5年ぶりの大会となる。
大会は気候変動や持続可能な世界、紛争解決と平和な世界、誰にも機会を保障する経済の新しい道、人権と移民、食糧危機など、多岐にわたるテーマが話し合われた。
またジンバブエの民主変革運動や西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)のポリサリオ戦線などの政党・組織の新規加盟が承認された。

社会主義インターナショナル英語版公式サイト
http://www.socialistinternational.org/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2008-07-01

【モンゴル】議会選で人民革命党が勝利へ

29日に投票が行われたモンゴルの議会にあたる国家大フラル総選挙(定数76、中選挙区制)は与党・人民革命党(旧共産党、社会主義インター加盟政党)と野党・民主党を軸に行われ、開票は途中だがサンジャーギーン・バヤル首相率いる人民革命党が議席を伸ばし、勝利する見通しとなった。人民革命党は英国労働党からの支援を「国際的な友党からの支持」とするなどユニークな運動を繰り広げた。
野党・民主党は日本の大相撲で元小結旭鷲山として活躍したダバー・バトバヤル氏が首都ウランバートルでトップ当選するなど根強い人気も見せたが、全国的には及ばなかった模様。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

2008-07-01

【セルビア】親欧米派の連立政権が樹立される

5月11日の議会総選挙の後、各党間での連立交渉が続いていたセルビアで、社会主義インター加盟政党の民主党などを軸とする「欧州セルビアのために」は民族派政党のうち、左派で旧ミロシェヴィチ派のセルビア社会党との連立形成で合意。極右派を排除した連立政権の枠組みが確定し、穏健民族派のコシュトニッツァ前首相(元ユーゴスラビア大統領)も下野することとなった。
これを受けてタディッチ大統領(民主党)は27日、無党派のミルコ・ツヴェトコヴィチ元財務相を首相に指名。議会での信任を経て、正式に内閣発足の運びとなる。
旧ユーゴスラビア解体の最終局面としてコソボでセルビア系住民が分離もにらんだ動きを強めるなか、国内の民族主義者とEUを背景とするコソボ政府のあいだで難しい舵取りが予想される。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。